プロフェッショナルクラスのレッスン内容

プロフェッショナルクラスは教室運営のノウハウ、習った知識を表現する方法を学ぶレッスンです。
将来的にお教室開催を希望される方にぜひ受講いただきたい内容になっています。(紅茶そのものの学びを得たい方はマスタークラスで学習して下さい

合格者には、紅茶の基礎課程を理解し、お教室を開くために最低必要な知識レベルがついたことをCha Tea 紅茶教室が認めた証としてシニア・ティーアドバイザーを認定いたします。

詳しくはこちらをご覧下さい。

● 募集概要 2019年冬クラス開校 

テーマ紅茶教室運営へのファーストステップ
受講資格

ジュニア・ティーアドバイザー取得者返金は出来ませんので、取得の見通しがついた後にお申し込み下さい

講座目的・Cha Tea 紅茶教室で学んだ基礎知識活かし方を知る
・教室主宰者としての仕事を知る
・教室開催の企画、プレゼンテーション、教室運営の基礎を学ぶ
・自分らしい教室主宰のスタイルを検討する
受講料金

受講料 65,000円(税込)

・認定証希望者は、テスト合否結果後5,000円(税込)お支払下さい
・お昼に関しては教室で用意いたします
・過去の受講生で再履修を希望の方は特別価格45,000円(税込)で対応致します

定員1〜6名
募集期間

10/15(火)〜

開催日12月16日(月)@10時〜11時半/A11時半〜13時/B13時〜14時半/C14時半〜16時
12月17日(火)D10時〜11半時/E11時半〜13時/F13時〜14時/G14時〜15時/H15時〜16時
申込方法

お申し込みフォームより 初回レッスン12月16日(月)@10時〜11時半のお申し込みをお願いいたします。

Wordファイルを受け取れるメールアドレスでお申し込み下さい。

★自動返信メールの後、48時間以内にサロンからお席の状況を記載したメールをお届けします

★メールに記載された口座に48時間以内に受講料金をご入金下さい。ご入金がない場合、仮予約は取り消しとなりますのでご注意下さい。

★ご入金の確認を持ちまして予約完了となります
(受講代金の返金はいかなる理由でも出来ませんので、よく考えてからお申し込み下さい)

ご予約完了後、アンケートをWordファイルでお送りします。指定日までにご返信下さい

約束事項レッスン代金の返金はいかなる理由でも出来ません。
・テキストは初回にまとめてお渡ししますが、お休みになったコマの内容については詳細はお伝えできません。
・2コマ以上欠席された方はシニア・ティーアドバイザーの認定が受けられません(テストの受講は可能です)
内容 

1コマ目 教室運営の基礎  12月16日(月)10時〜11時半
・教室運営、講師活動に必要なスキルを知る → 自己分析、今後の勉強目標を定める

2コマ目 自分スタイルのお教室  12月16日(月)11時半〜13時
・目指す講師像、教室像の分析
・運営目標の設定とシステム作りの基本 → 教室概要作り

3コマ目 レジメの作り方  12月16日(月)13時〜14時半
・体験レッスンを軸にレジメの作り方 → レジメの質は教室の要
4コマ目 プレゼンテーション力  12月16日(月)14時半〜16時
・プレゼンテーションの基本 → 講師として話す練習

5コマ目 レッスンの流れ   12月17日(火)10時〜11時半
・告知〜当日までの流れ → レッスン前後でチェックすべきこと

6コマ目 差別化の作り方  12月17日(火)11時半〜13時
・教室運営、差別化の作り方 → 愛されるお教室作り

7コマ目 プレゼンテーションテスト 12月17日(火)13時〜14時
・プレゼンテーションテスト
8コマ目 筆記・テイスティングテスト 12月17日(火)14時〜15時
・筆記テストベーシッククラス/アドバンスドクラスのレジメ/図説 紅茶/図説 紅茶の歴史より)
・テイスティングテスト(インド、スリランカ、インドネシア、中国、アフリカの主要諸国より)
9コマ目 まとめ   12月17日(火)15時〜16時
・全体のまとめ → 今後の目標設定の修正
レポート課題1月10日(金)
オリジナルの体験レッスンのレジメ提出
テスト結果1月18日(土)
・プレゼンテーション、筆記、テイスティング評価による合否
・テスト結果は、最初に頂いたメールアドレスに1月18日中にPdfファイルで送らせていただきます

● 参考質問
Q・プロフェッショナルクラス受講までどれくらいの期間がかかりますか?

A.集中的に通学し1〜2ヶ月でジュニアティーアドバイザーを取得される方もいます。現在まだお教室に通われていない方でも、開始日までに条件を満たしていただければ参加は可能です。

Q・生徒募集の時期は
平均年に1回開校予定です。次回は2020年又は2021年冬の予定です。
Q・現在他ジャンルの教室を主宰しています。紅茶を取り入れていきたいのですが?
A.プロフェッショナルクラスは、教室運営に関する様々なスキルを学びます。現在のスクールの運営向上はもとより、カリキュラム作成などを通し、ご自身の紅茶のスキルを活かして活動の中でのオリジナリティの出し方を学ぶ良い機会になります。
Q.他の紅茶スクールと併用して通いたいのですが?
A.特に問題ありませんが、こちらのクラスの講座内容については守秘義務が生じます。初回レッスン時ご署名を頂きます。

Q.習ったらすぐにお教室を開校しなくてはいけないの?

A.その後のお教室活動については個人の自由です。
今すぐには予定はないけれど、開催するためには今後どのようなスキルを身につければいいの?と言う方にもお勧めです。

Q.卒業生はどんな活動をされていますか?

A.紅茶教室の主宰、出張紅茶講師、紅茶専門店開業など・・・
シニア
Cha Tea 専属講師(鈴木たまえ) http://pokkapokaroom.blog55.fc2.com/
Cha Tea 認定校主宰(添田真実) http://salondem.com/
出張紅茶講師(安達ゆかり) http://tea-magazine.net/
出張紅茶講師(飯島有喜江) http://ameblo.jp/beautiful-tea-life/
オリジナル教室主宰(Kelly Yang) http://londonteahouse.com.tw/home.php
オリジナル教室主宰(柴田和子) http://rosaclara.exblog.jp/
オリジナル教室主宰(中込美帆) http://ameblo.jp/tyopitapu/
オリジナル教室主宰(長澤昌代) http://www.ms-tea-bridge.com/
オリジナル教室主宰(野崎美恵子) http://beetonstea.exblog.jp/27975771/
オリジナル教室主宰(近藤玲子) http://ameblo.jp/chrymum/
オリジナル教室主宰(脇田美奈子) http://www.picotea.net/index.html
骨董店のオーナー(服部由美) http://teardrop.zeronet.ne.jp/
ジュニア
ペーリーズティールーム https://www.berrystearoom.com/?grid=gn
タイニートリアティールーム https://www.tinytoria.com/
The Budoh&Willow Tearoom http://teaground.blog.fc2.com/
Teahouse れりっしゅ http://relish.mel-wind.com/
台湾・英國茶館London Tea House https://www.facebook.com/london.tea.house.in.taipei/
TEA MIE(坂井みさき) http://chanmie.exblog.jp/

Q.修了証について

A.卒業テスト合格者には、紅茶の基礎課程を理解し、お教室を開く最低必要な知識レベルがついた証として「シニア・ティーアドバイザー」の認定証を発行できます。(別途5,000円)

前のページに戻る>>

Copyright 'ChaTea'. All rights reserved.